或る独りのろまんてぃすと

思いついたことを、支離滅裂に書く

映画

『君よ憤怒の河を渉れ』リメイクというか、なんか『狼ー男たちの挽歌最終章』っぽいぞ

少し前、2月9日に公開された映画『マンハント』。 全編大阪を中心に西日本でロケを行い、福山雅治(意外に刑事役は初めてらしい)も出演しアクションに挑戦した佳作である。 原作は、1974年に書かれた西村寿行作『君よ憤怒の河を渉れ』と、その高倉健主演の…

少年と巨大ロボットの友情

少年とロボットが友情で結ばれる物語が好きだ。 まあ『ドラえもん』なんかそうだし、『ターミネーター2』(1991年)でもいいかもしれない。主人公が少年じゃないし、人型ロボットでもないけど、『ナイトライダー』(1982年~1986年)もいいなあ。 等身大ロ…

祝祭日ホラー映画あれこれ

先週10月31日はハロウィンだった。 近年日本では、なんか仮装パーティーというか、コスプレイベントと化しているきらいがあるが、元々は古代ケルト人の祭で、秋の収穫を祝い、そして冬の訪れとともにやってくる魔を払う行事である。ケルトでは10月31日が一年…

何を今更二つで十分ですよ問題

「Give me fuor」 「二つで十分ですよ」 「No fuor,Tow,Tow,Fuor」 「二つで十分ですよ」 「And noodle」 「分かって下さいよ」 言わずと知れた、『ブレードランナー』(1982年 リドリー・スコット監督)の冒頭シーンである。 デッカード(ハリソン・フォード…

日曜洋画劇場でよくやってたなシリーズ~『未来警察』

米作家マイケル・クライトンと言えば、映画化もされた『ジュラシック・パーク』(1993年)や『アンドロメダ病原体』(1971年、映画邦題は『アンドロメダ…』)、TVドラマ『ER緊急救命室』(1994年~2009年)の原作『五人のカルテ』など、数々のベストセラーを…

シュワルツェネッガー主演映画おすすめ(しない)5選

いやなんか、唐突に思いついたんで。 なお、いちいち「アーノルド・シュワルツェネッガー」、あるいは「シュワルツェネッガー」と表記するのは煩雑なんで、以下「シュワ」と表記する。 SF超人ヘラクレス 1970年公開(日本劇場未公開)、シュワ映画デビュー作…

日曜洋画劇場でよくやってたなシリーズ~『ヒドゥン』

その昔、デヴィッド・リンチ監督『ツイン・ピークス』(1990年~1991年)というドラマがあって、今年さらに新シリーズも製作されたんだが、まあ、当時はすごい人気ドラマだった。 その主人公、リンチ監督作品常連俳優カイル・マクラクラン演じる、FBIのクー…

最強の近接戦闘術?「ガン=カタ」

キアヌ・リーブス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』(2014年)、そして続編『ジョン・ウィック キャプチャー2』も公開されたが、この映画、やはりヒットの理由は、ガンアクションとカンフーを融合させた、“ガン・フー”アクションだろう。拳銃による…

驚異の追いかけっこ~映画『ハンテッド』

少し前に、X-MENの(ヒュー・ジャックマン演じる)ウルヴァリンの最後を描いた、映画『ローガン』を観にいったのだが、映画が終わり、エンドクレジットが流れる。 すると、聞き覚えのある曲が流れた。 高名なカントリー歌手だった、ジョニー・キャッシュが晩…

マーク・ミラー映画作品のこと

ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じる最後の作品、『ローガン』(2017年)が6月1日に公開された。 この映画の原案となったコミックが、『ウルヴァリン オールドマン・ローガン』なんだが、ストーリーを手がけたコミック作家マーク・ミラーは、『キャ…