或る独りのろまんてぃすと

思いついたことを、支離滅裂に書いてる

パイルバンカーは漢の兵器

1983年~1984年放映のアニメ『装甲騎兵ボトムズ』。

== 一般人の認識 ==

ガンダム
ガンプラ、安室とシャーがたたかう話
エヴァ
パチンコ
マクロス
パチンコ、歌う
ギアス
何それ
ボトムズ
アストラギウス銀河を二分するギルガメスバララントの陣営は互いに軍を形成し、
もはや開戦の理由など誰もわからなくなった銀河規模の戦争を100年間継続していた。
その“百年戦争”の末期、ギルガメス軍の一兵士だった主人公「キリコ・キュービィー」は、
味方の基地を強襲するという不可解な作戦に参加させられる。
作戦中、キリコは「素体」と呼ばれるギルガメス軍最高機密を目にしたため軍から追われる身となり、
町から町へ、星から星へと幾多の「戦場」を放浪する。
その逃走と戦いの中で、陰謀の闇を突きとめ、やがては自身の出生に関わる更なる謎の核心に迫っていく

機動戦士ガンダム』から始まった、リアルロボット路線の極北である。

ガンダムより、登場ロボットを兵器としてとらえ、より戦争のイメージが強くなったロボットアニメだが、ボトムズは格別である。

何しろ、それまでは主役機は一体だけの特別製で、主に敵方が量産機というところだが、ボトムズは、主人公すら(序盤は)量産機のスコープドッグという機体に乗っている。

ボトムズに登場するロボット、劇中では「アーマード・トルーパー」(略称AT)と呼ばれ、全長4mほど。上半身の内側がコックピットで、頭部にはカメラレンズだけと、たいへん素っ気ない顔。武装は主に手に携える重機関銃だが、肩にロケットランチャーとか、オプションで各種様々な装備を取り付けられる。

また、接近戦用の機能、アームパンチ。液体火薬カートリッジで威力を増加させたパンチを相手ATにたたき込む。この時排莢されるカートリッジの描写がまたいいんだよね。喰らった相手ATのボディがへしゃげ、そのあまり厚くない装甲の内側に乗ってるパイロットは、たぶんえげつないことになってそうだなあ、と想像させる、ATそのものの破壊より、中のパイロットの殺傷が主目的であろう攻撃だ。

しかし、それを上回る兵器がある。物語第2部(物語は4部構成になっている)に登場する機体、ベルゼルガの、左腕に装着されてる盾に付随する杭打ち機、パイルバンカーだ。液体火薬カートリッジ3個を使い、杭を相手ATに貫通させる。見た目にも恐るべき破壊力を持つ攻撃だ。

その、ベルゼルガを主役機にしたスピンオフ小説が、はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語』だ。

ベルゼルガ物語上下巻に『K'』『絶叫の騎士』の全4巻。戦争終結後、主人公ケイン・マクドガルは、傭兵シャ・バックとバトリング(ATによる賭け試合)で生計を立てていたが、ある日バトリングに挑戦してきた謎の黒いATと闘い敗北。シャ・バックは殺害されケインは復讐を誓う。シャ・バックの形見であるATベルゼルガを駆り、黒いATシャドウ・フレアを追う。やがてその中でケインは、アストラギウス銀河の支配を目論む、メルキア騎士団計画の陰謀に巻き込まれてゆく。

前半2巻は、比較的ボトムズの世界に準拠していたが、後半はほぼ独自展開になっていった。ケインが乗るオリジナルAT、ゼルベリオスやテスタロッサも、ATらしいボテッとした感じから、シャープなデザインになっていったし(メカデザインを『Zガンダム』の藤田一己氏が手がけてる)。で、その後はま氏は、『ベルゼルガ』の前日譚的な物語、『兇兵器ヴァン・ヴィール』(この作品の主役機ヴァン・ヴィールと、第4巻『絶叫の騎士』の最終ボス機レグジオネータが同一存在っぽい)を発表するが、1巻で中断してしまった。

ああ、対戦格闘ゲームThe King of Fighters』'99~2001、いわゆるネスツ編の主人公K'の名前は、ケインのクローンである敵キャラ、K'が元ネタだろう。

 その『ベルゼルガ』、オリジナル主役ATにも、ちゃんとパイルバンカーは装備してるわけで、やっぱりインパクトの強い武器であることは間違いない。ボトムズスピンオフOVA機甲猟兵メロウリンク』には、生身の兵士が使用する、パイルバンカー付き対AT用ライフルが登場。機甲猟兵とは、軍規違反者が、懲罰として生身でATと戦わされる、一種の処刑なんだが、この物語は、陰謀による冤罪で、機甲猟兵に落とされた主人公メロウリンクが、陰謀に荷担した人物一人一人に復讐していくという話。パイルバンカーで、敵ATの頭部を貫くといった、なかなかエグい描写がある(ATの頭部のすぐ内側には、パイロットの頭がある)。まあそれで、『ボトムズ』以外の作品なんかにも登場してたりもするんだよなあ。

 この『ボトムズ』の高橋良輔監督の作品で、『機甲界ガリアン』ってのがあるんだけど、これに出てくる、蛇腹のようにしなる剣、ガリアンソードも、他の作品でもよく出る武器になったけど、わたし『ガリアン』は観てないんで、これはなんとも言えないな(汗)。

青の騎士ベルゼルガ物語 上 (朝日文庫)

青の騎士ベルゼルガ物語 上 (朝日文庫)

 
青の騎士ベルゼルガ物語 下 (朝日文庫)

青の騎士ベルゼルガ物語 下 (朝日文庫)