或る独りのろまんてぃすと

思いついたことを、支離滅裂に書く

日曜洋画劇場でよくやってたなシリーズ~『未来警察』

 米作家マイケル・クライトンと言えば、映画化もされた『ジュラシック・パーク』(1993年)や『アンドロメダ病原体』(1971年、映画邦題は『アンドロメダ…』)、TVドラマ『ER緊急救命室』(1994年~2009年)の原作『五人のカルテ』など、数々のベストセラーを世に送り出した。

また、映画監督・脚本家としても活躍しており、中でも有名なのは『ウエストワールド』(1973年)だろう。

歴史テーマパークで、西部劇のアトラクション用やられ役ガンマンロボット(ユル・ブリンナー)、絶対人を撃たないようにプログラムされているはずが、故障により人に襲いかかる。しかも、不備の兆候は前日から現れているにもかかわらず、経営者は利益優先のためこれを放置。という、のちの『ジュラシック・パーク』にも共通するテーマ性がある。

で、この『未来警察』(1985年)では、日常生活にも深くロボットが活用されている近未来が舞台である。ロボットといっても、よくSFに登場する汎用の人型ロボットではなく、現代でも普及しつつあるお掃除ロボットのような、特定の作業に特化したものである。

主人公のラムゼー警部補(トム・セレック)はロボットのトラブル処理を専門とする捜査班のチーフ。相棒のカレン(シンシア・ローズ)とともに、相次ぐロボット暴走事件の捜査を行うが、それらのロボットには、謎の回路が取り付けられていたことが判明する。やがてその回路を使って、テロを企てている悪の博士ルーサー(ジーン・シモンズ )の存在を突き止めるが…

ラムゼー警部補を演じるトム・セレックは、TVドラマ『私立探偵マグナム』(1980年~1988年)で人気を博した俳優で、『レイダース/失われたアーク』(1981年)で主人公インディアナジョーンズ博士役は当初セレックが予定されていたが、『私立探偵マグナム』の撮影のためスケジュールが合わず、断念している(で、代わりにハリソン・フォードになった)。

ルーサーを演じるのは、白塗りのメイクと過激なパフォーマンスで知られる、米ロックバンド「KISS」のジーン・シモンズが素顔で演じている。シモンズはこの後、ルトガー・ハウアー主演『ウォンテッド』(1986年)でも、テロリストの悪役を演じている。

ルーサーは、体温に反応して追尾してくる熱誘導ミサイル弾や、毒を注入してくる蜘蛛型ロボットを駆使し、またラムゼーは高所恐怖症で、その弱点をつかれルーサーに息子を誘拐され建設中の高層ビルにおびき出され、苦戦を強いられる。

果たしてラムゼーは、高所恐怖症を克服し、息子を救い出し、ルーサーを倒すことができるのか。

技術の進化と、それに伴う問題点を指摘する、これもマイケル・クライトンらしい作品だ。

未来警察 [DVD]

未来警察 [DVD]

 

 

 

 

follow us in feedly