或る独りのろまんてぃすと

思いついたことを、支離滅裂に書く

維新の志士たちの眠る地に

慶応3年(1867年)11月15日(現在のグレゴリオ暦では12月10日)、京都河原町にあった近江屋(醤油商)に滞在中であった坂本龍馬中岡慎太郎が、何者かに襲撃されて暗殺された。

その、龍馬を始め、維新に殉じた志士たちの御霊が祭祀されている、京都霊山護国神社では、毎年11月15日に坂本龍馬を偲ぶ龍馬祭が執り行われている。

わたしは、20代の頃から、数年に一回のペースで詣でているのだが、今年も行ってきた。

さて、今回は写真が多いぞ(笑)。

京都四条河原町の、八坂神社から南、高台寺の前を通って東へ坂道を登ると、霊山護国神社に辿り着く。この道は「維新の道」と呼ばれているが、けっこう長い坂である。

f:id:romanticist:20171115142424j:plain

このような碑が建っている。

護国神社の南隣には、幕末史専門の歴史博物館、霊山歴史館がある。

龍馬祭の日は、高知県人会の方々による、軍鶏鍋の炊き出しが行われ、参拝者に振る舞われる。

f:id:romanticist:20171115140855j:plain

肉はあんまり入ってないけどね(汗)。

参拝料(300円)を払って、墓地に入る。

多くの志士が祀られているが、かなり急な石段を登り、龍馬と中岡慎太郎の墓地へ。

f:id:romanticist:20171115145252j:plain

左側が龍馬、右側は慎太郎。

墓前の前に立つと、やはり自然と身が引き締まる思いがするなあ。

この左側には、龍馬の下男で暗殺時に巻き込まれて殺害された、山田藤吉の墓もある。

f:id:romanticist:20171115145324j:plain

その他、墓地の一番上には、元勲・木戸孝允桂小五郎)が、

f:id:romanticist:20171115150617j:plain

高杉晋作久坂玄瑞

f:id:romanticist:20171115151341j:plain

天誅組を組織した吉村寅太郎

f:id:romanticist:20171115145610j:plain

などがある。

天誅組といえば、うちの地元にも記念碑があるけど、

romanticist.hatenablog.com

ここには、志士の墓所が、

f:id:romanticist:20171115151452j:plain

幕末の志士の他にも、日清・日露戦争、太平洋戦争の戦死者も祀られており、わたしは別に右とか左とかといった政治信条はないけど、ただ純粋に、命を賭して国のために尽力した先人たちに、敬意を表したい。

 

 

 

follow us in feedly

お気に入りラーメン屋のこと~らららのらーめん一豚力(堺東)

大阪府堺市、南海高野線堺東駅の西側、堺銀座商店街と呼ばれる商店街の一角にあるラーメン店。

らららのらーめん一豚力

仕事の帰りにたまに寄ったりすることがある店である。

f:id:romanticist:20171021175824j:plain

この店のラーメンは、魚介豚骨ベースの醤油ラーメンとつけ麺、あとカレーラーメンがある。この地域、カレーラーメン出す店が他にもあるが、その店はまた次回に。

で、これが牛すじ醤油ラーメン

f:id:romanticist:20171021174936j:plain

チャーシューではなく、よく煮込まれた牛すじが入っている。

牛すじは、西日本ではおでんの具などに使われるなど、よく食されるが、東日本ではもしかしたらなじみが薄いかもしれない。でも、コクがあって美味いよ。

麺は、全粒粉を使った自家製平打ち麺。ちなみにわたし全粒粉好き。ビスケットはやっぱり全粒粉入りのマクビティダイジェスティブチョコビスケットだ(笑)。

ややトロッとした濃厚なスープが、麺によくからんで美味い。

ノーマルな、醤油ラーメン

f:id:romanticist:20170912175709j:plain

こちらは、豚バラ肉が入ってる。

あと、月替わりの限定メニューもあったりするよ。

店の場所

 

 

 

follow us in feedly