或る独りのろまんてぃすと

思いついたことを、支離滅裂に書いてる

『吸血鬼ハンター“D”』からTM NETWORKへの道

TM NETWORK(以下TM)といえば、『GET WILD』(以下ゲワイ)。『CITY HUNTER』アニメのエンディングテーマで、本編終了直前からイントロが流れ、エンディングに入っていく演出が斬新で、かっこよかった。今年発表30周年ということで、なんとライヴヴァージョンやカバーなど、様々なゲワイが36曲も収録されたアルバム、『GET WILD SONG MAFIA』が発売された。

まあ、わたしが初めてTMを知ったのは、その2年近く前だと思うが、ミニアルバム『TWINKLE NIGTH』(1985)からだ。

収録曲『TWINKLE NIGHT あるひとりのロマンティストの生誕』は、このブログタイトルの元ネタだ(笑)

なぜ、『TWINKLE NIGTH』を買ったのか、菊地秀行『吸血鬼ハンター“D”』(以下D)がアニメ化され、その音楽担当に小室哲哉が起用、テーマソングもTMの『YOUR SONG』となった。そして、『TWINKLE NIGTH』には、『YOUR SONG』と、Dの劇伴を編集した『組曲吸血鬼ハンター“D”』が収録されているのだ。

このDのアニメを観たとき、何が印象に残ったか、それが音楽だったんだなあ。ビジュアルがちょっと原作イメージに合わなかったし、尺の都合上ストーリーも端折られてるし、おもしろくなかったわけではないが、もう一つ物足りない感じ、でも音楽は新鮮だった。で、TM NETWORKってなんかすごいな、って感想を抱いた。

以降30年以上TMを聴き続けている。

わたしがTMを好むのは、なんかやっぱり、SFやファンタジーを感じさせるところか。

電子楽器やコンピュータなど、デジタル機材を大量に並べたステージのビジュアルもそうだけど、何より楽曲に物語性があるところがいい。

アルバム『CAROL』(1988)なんかは、その集大成的なものだけど、シングル『1974 (16光年の来訪者)』はファーストコンタクト、『DRAGON THE FESTIVAL』(1985)は、秘境冒険ものな内容だしね。

 とにかく、今でもTMの曲聴くと、元気がもらえるのは確かで、今後も聴き続けるんだろうな。

GET WILD SONG MAFIA

GET WILD SONG MAFIA

 
TWINKLE NIGHT

TWINKLE NIGHT

 
吸血鬼ハンターD [DVD]

吸血鬼ハンターD [DVD]